かっこいい洋楽やのりのいい洋楽を 探しているあなたへ 4

洋楽を聞くからにはまずはかっこいい洋楽やのりのいい洋楽を
聞きたいし知りたいという方が多いと思います。

 

ここではこのサイト趣旨でもある60年代から80年代のかっこいい洋楽やのりのいい洋楽を
独自ではありますが選んで皆様に紹介したいと思います、
気に入っていただき、参考になれば幸いです。それではパート4です。

 

 

ローリングストーンズ スタート ミー アップ

 

これもローリングストーンズの中ではノリノリの曲
常にライブではオープニングかラストに演奏される
1981年のアルバム  刺青の男のオープニングナンバー
このPVのミックジャガーのアドリブ的踊りもなかなかいい

 

 

 

 

 

 

レインボー   ロスト・イン・ハリウッド

 

元ディープパープルのリッチーブラックモア率いるレインボーの
アメリカ進出をかけたアルバム ダウントゥーアースからの
ストレートなロックナンバー1979年リリース、
今を返せば大物ミュージシャンのそろったメンバー構成だった。

 

 

グラハム・ボネット – ボーカル
リッチー・ブラックモア – ギター
コージー・パウエル – ドラムス
ドン・エイリー – キーボード
ロジャー・グローヴァー – ベース

 


 

 

 

 

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース パワー・オブ・ラヴ 

 

 

1985年あの名作映画バック・トゥ・ザ・フューチャーのために
書かれたナンバー,彼らの代表曲となった。
アメリカを代表するロックバンドとなったノリノリのロックンロールだ。

 

 

 

 

 




HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。