かっこいい洋楽やのりのいい洋楽をきくならこれ! 3

かっこいい洋楽やのりのいい洋楽を聞きたいという方
独自ではありますがこのサイト趣旨でもある60年代から80年代の洋楽の中から
選んで皆様に紹介したいと思います、気に入っていただき、参考になれば幸いです。
今回はパート3です。

 

チャイナ・グルーブ ドゥビィー・ブラザース

ディストーションギターのカッティングが最高にのりとカッコ良さを表現
アメリカンロックの王道1973年に発表した3作目キャプテン・アンド・ミーに収録

 

 

バーン ディープパープル

ストレートでかっこいいハードロックをあげるならこれかな?インパクトも強い
1974年リリースの第三期ディープ・パープルのアルバム「バーン」のタイトル曲
日本では近年コマーシャルで使われていたのも記憶している。

 

ネバー・セー・ダイ ブラックサバス

ブラックサバスと聞いてかっこいい曲あるのかと思うのですが
これはかっこいいというよりノリのいいロックンロールという感じです。
ブラックサバスには珍しいストレートなロックンロール。

 

 

かっこいいリメイク(カバー)曲

では、これらとは別に60年代の原曲を70年代80年代にリメイクした曲を紹介します。

1964年発売のキンクス「ユー・リアリー・ガット・ミー」
ストレートなかっこいいロックンロールナンバー
14年後の1978年にヴァン・ヘイレンがリメイクするとこうなりました。

 


↓                 ↓

 

もうひとつ、1965年発表のサーチャーズの「ラヴ・ポーションNO9」
これもストレートなかっこいいロックンロールナンバー
17年後の1982年にジョンサイクスが在籍していたタイガース・オブ・パンタン
カバーしている。


↓                   ↓

両方とも原曲に忠実に再現して崩れていなく、
もともとハードロック風の曲であるのも取り上げた
理由かもしれない、60年代のハードロックだったのかもしれない。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です