スポンサーリンク

かっこいい洋楽やのりのいい洋楽をきくならこれ!

かっこいい洋楽やのりのいい洋楽を聞きたいという方
独自ではありますがこのサイト趣旨でもある60年代から80年代の洋楽の中から
選んで皆様に紹介したいと思います、気に入っていただき、参考になれば幸いです。
今回はパート2です。

ナウ・アイム・ヒア クイーン

後に続くクイーンの壮大感にストレートなハードロックを取り入れたかっこ良さがある曲
ライブでは必ず演奏されていた。
1974年リリースの「シアー・ハート・アタック」クイーンの3枚目のアルバムの収録曲。

ダンシング・イン・ザ・ストリート ミック・ジャガー デビット・ボウイ

この曲はかっこよさもあるがのりのいいがあてはまる曲、大物2人によるコラボ企画
2人がのりのいいものにしてくれている。1985年リリース。
2人のほかヴァン・ヘイレンやキンクスらがカバーしている。
原曲は1964年のマーサ&ザ・ヴァンデラスというモータウンの女性グループによるもの。

ュー・メイビー・ライト ビリー・ジョエル

イントロの効果音とギターが最高、そしてストレートなロックンロールがかっこいい
ビリー・ジョエルにしてはピアノから離れボーカルだけで歌う姿もいい。1980年リリース。

グッバイエリノア トト

ストレートなハードロックンロールと途中のユニゾンがかっこいい曲、
トトにしてはハードな1981年リリースのアルバム「ターンバック」の収録曲
演奏もいいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする