これを聞けばOK!80年代洋楽の名盤 ロック編パート6

80年代のロックというのは進化しはじめて,
色々なジャンルやサウンドやアーティストが多く出て来た時代です。
MTVと言うメディアが登場し映像と音楽の両方から売れる名盤なども多く出てきました、

 

その中から初めての方がどのアルバムがいいのか選ぶのは少し大変でしょう,
そこでここでも、世論的に有名な名盤やこのサイトおすすめの名盤を解説していきます、

 

で、今回は80年代初めのハードロックの名盤を紹介します、
数多くある名盤からあなたにとっていいものが見つかれば幸いです。

 

 

 

ホワイトスネイク[カム・アンド・ゲット・イット]

 

 

このアルバムはまだ彼らがアメリカで人気を得る前、
英国、欧州そして日本での人気がつよかったころのおすすめの作品。

 

 

 

1970年代から1980年初め頃まではブルース色の強いハードロックを展開していた頃、
もっともボーカルのカヴァーディル自身がブルースに傾倒していたということもあり、
まあ彼自身それが似合っていると私は個人的には思うのですが、
このアルバムもそれが強い作品だと思います。
でもこのころまでの彼らはほんと個人的には渋くって好きです。

 

 

 

で、この中の有名曲はなんといってもドント・ブレイク・マイ・ハート・アゲイン、
スマッシュヒットをはなっています。そしてロンリーデイ・ロンリーナイツ、
これも渋っくっていいねえ。

 

 

 

バニー・マースデンやミッキー・ムーディのギターは
カヴァーディルのボーカルにほんとマッチしてるって感じです。
アメリカで売れた頃のホワイトスネイクファンのかたでこの頃を知らない方は
さかのぼって聴いて見るのもいいのではないでしょうか。
ブルース色の強いハードロックといっていいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

アルカトラス[アルカトラス]

 

 

アルカトラスは、元レインボーのボーカリストグラハム・ボネットを中心に結成されたグループ
このグループの前にグラハムは、マイケル・シェンカーのグループにもいた記憶があります、
またソロでもヒット曲をだしていたはずです。

 

 

で、このグループの目玉はなんといってもギタリストのイングヴェイ・マルムスティーン
グラハムがリッチー・ブラックモアに似たギタリストを探していたということで、
加入したらしいですがこれほんとスタイルが似ています、

 

 

 

当時現れたときは、パクリじゃんという感じでしたが、そのプレイはすごい、
高速早弾きというへきか、コピーを試みても私には弾けませんでした(笑)
そして彼自身もリッチーのことがすきで影響を受けたとかたってますし、
クラッシック影響も受けているらしいです。このアルバムは1983年のデビュー作です。

 

 

 

なお2007年に再結成されて活動しているんですね、これは私も初耳でした。
このアルバムのヒットはヒロシマモナムール、
超高速はや引きを当時挑戦してみましたができませんでした。(笑)
でもグラハムボーカルはうまいね

 

 

 

 




HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。